ホーム>事業案内>開発体制

開発体制

開発体制

技術革新を追い求め、高品質で付加価値の高い製品の開発に挑戦し続けます。

開発本部では、お客様目線に立って、医療ニーズに応えたジェネリック医薬品をタイムリーに開発するために、技術革新を追い求め、高品質で付加価値の高い製品の開発に挑戦し続けます。
膨潤溶解型徐放性錠剤の製造技術、苦味マスク微粒子・徐放性微粒子・腸溶性微粒子等の製造技術に強みを持っており、これらの機能性微粒子を配合した口腔内崩壊錠、特に高含量製剤の小型化口腔内破壊錠の開発に力を入れています。

高付加価値製剤

※画像クリックで拡大します。

流動層造粒コーティング装置類

少量~パイロットスケールで、製剤の試作検討を行っていきます。

201661311240.jpg

MP-01

流動層造粒(乾燥)、ワースターコーティング、転動流動層コーティングおよび連続直接顆粒化の4種類の異なる方法での製造を、200~500gで行うことができます。

201432621556.jpg

MP-2

生産の1/10スケール(8~20kg)で造粒及び微粒子のコーティング等が行えます。

20143262237.jpg

GPCG-15

生産の1/10スケール(5~25kg)で造粒及び微粒子のコーティング等が行えます。

承認申請に必要なデータの取得をサポートする機器

20143194121.jpgのサムネイル画像

溶出試験器

20143194419.jpg

液体クロマトグラフタンデム
質量分析計

20143194344.jpg

液体クロマトグラフ